Kindle Unlimitedが1か月無料!

ホットクックで作る昼ごはんレシピをまとめました!

休日のお昼ごはん、リモートワークで在宅の夫のお昼ごはん…

夜だけでも大変なのに、お昼の献立なんて考えられない!

というときもホットクックは強い味方です。

この記事では、私がよくホットクックで作るお昼ごはんのレシピを紹介します!

ホットクックで作るお昼ごはん!

①マルちゃん焼きそば

家族は「焼きそばいいよ」と言いますが、フライパンで家族分の焼きそばを作るとなると、野菜がフライパンに入りきらなくて、何回かに分けて作ったりと結構面倒です。

でもホットクックなら、野菜たっぷりの焼きそばが3人分まとめて作れます!

作り方は下記の記事で紹介していますので見てみてください。

マルちゃん焼そば(3人前)等の市販の焼きそばをホットクックで作る!

②ジェノベーゼパスタ

具材とパスタをホットクックで茹でた後、市販のジェノベーゼソースを和えるだけの簡単メニューです。

みどり
みどり

市販のジェノベーゼソースは、コストコでBarillaのペーストジェノベーゼを買いだめしています!

材料

ジェノベーゼパスタの材料(2人分)

パスタ(茹で時間7分)200g

じゃがいも 1個(5mm厚さのいちょう切り)

ハム 1パック(適当に切る)

オリーブオイル 大さじ1

塩 小さじ1

水 530ml 

ジェノベーゼソース 90g 

作り方

(1)パスタを半分に折って内鍋に入れる。

(2)オリーブオイルを加え、スプーンでパスタを動かしてオイルをパスタ全体になじませる。

(3)具材と塩、水を加える。

(4)混ぜ技ユニットをつけ、手動>煮物>混ぜあり>7分 でセット。

(5)茹であがったら、パスタを皿に移して、ジェノベーゼソースをパスタの茹で汁(30mlくらい)でのばしてパスタと和える。

みどり
みどり

・パスタの茹で時間が9分の場合は、手動調理も9分でセットしてください。

・パスタの量の増減に合わせて、水の量も比例して増減させてください。

③トマト缶でパスタ

トマト缶とコンソメで、子どもも喜ぶ味になります!

基本的にどんな野菜を入れてもおいしくなるので、冷蔵庫に残った半端野菜の処理にもぴったりです。

材料

トマト缶でパスタのレシピ(2人分)

パスタ(茹で時間7分)200g

オリーブオイル 大さじ1

たまねぎ 1/2個(繊維に垂直に5mm幅に切る)

ハム 1パック(適当に切る)

トマト缶400g 1缶

コンソメ 小さじ2

塩 少々

水 200ml

作り方

(1)パスタを半分に折って内鍋に入れる。

(2)オリーブオイルを加え、スプーンでパスタを動かしてオイルをパスタ全体になじませる。

(3)残りの材料を、上の材料表の順に内鍋に入れる。

(4)混ぜ技ユニットをつけ、手動>煮物>混ぜあり>7分 でセット。

みどり
みどり

・パスタの茹で時間が9分の場合は、手動調理も9分でセットしてください。

・パスタの量の増減に合わせて、トマト缶+水がパスタの3倍の量になるように増減させてください(トマト缶は400gで固定)。

終わりに

上記のレシピでは、まだ料理っぽいもの(?)を紹介していますが、ほんとに家に野菜も何もないよ…というときは、パスタだけホットクックで茹でて、キユーピーの和えるだけパスタにしたりするときもあります。笑

一緒にホットクックでお昼ごはん作りを乗り切りましょう!

以上です!