Kindle Unlimitedが1か月無料!

時短料理のために心がけているポイント

以前は夜ごはんを作るのに1時間ほどかかっていましたが、試行錯誤して今では20〜30分で作れるようになりました。

さわらの塩焼き、具沢山お味噌汁、五目豆
巻かないロールキャベツ

少しでも早く料理を完成させるために、私が心がけていることを、この記事で紹介したいと思います。

時短のために心がけていること

料理の段取りのシュミレーションをしておく

仕事が終わって帰りの電車の中で、家に帰ってからどのような段取りで料理をするのか脳内シュミレーションしておきます。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

事前にイメージしておくかおかないかで、帰宅後の動きが全く変わります!

他にもシュミレーションをしておくことで、「あれ作るつもりだったのに忘れてた…」ということも減る、という効果もあります。

生肉に触れる機会、器具を少なくする

生肉に触れたら、石鹸で手を洗い直さないといけない、生肉に触れた調理器具は熱湯消毒する、など料理を一度中断しないといけなくなります。

なるべく料理を中断しないよう、下記を心がけています。

生肉を触るときはビニール手袋を使う

ビニール手袋を使えば、生肉の処理が終わったらビニール手袋を裏返すようにして脱ぎ、そのままゴミ箱にポイ。

これで手洗いで料理を中断することなく、スムーズに料理を続けることができます。

生肉を切るときは、牛乳パックのまな板を使う

まな板で生肉を切って、そのまな板をシンクに置いておくと、その後熱湯消毒するまで他のお皿を置けない等の弊害があります。

牛乳パックのまな板を使えば、これもビニール手袋同様、使い終わったらゴミ箱にポイ。

大きなまな板がシンクに陣取ることなく、料理を続けることができます。

カット済みの肉を使う

多少値段は高くなりますが、スーパーですでにカット済みの肉を使えば、カットの手間も省け、面倒な調理器具洗浄もなくなります。

ここは値段と、その値段を出すことによって節約できる時間・手間とのトレードオフですね。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

休日など時間があるときに、自分でカットして冷凍しておくのも一手です。

メジャーカップの測りを使う

液体の調味料を測るときメジャースプーンを使うより、下の写真のような小さなメジャーカップを使用した方が早い場合があります。

このメジャーカップは100均で買いました。

これを使うと、小さじは6、大さじは3まで一度に測ることができます。

例えば「醤油大さじ3」を測るために、

「メジャースプーンに醤油を3回注いで3回ボウルに移す」のと

「メジャーカップに醤油大さじ3を1回注いで1回ボウルに移す」のでは、

動作は単純に1/3で済みます。

味見をしない

味を見て、調味料を追加して…と繰り返すと、洗い物も増えるし、時間もかかります。

味見をしない代わりに、調味料は目分量で入れずに必ず測るようにすれば、毎回味も安定するはずです。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

測るのは面倒かもしれませんが、「急がば回れ」だと思います!

おわりに

ひとつひとつの動作はたいしたことがなくても、ちりも積もれば…で、工夫を重ねていけば、トータルで見たときに料理にかける時間が短くなります!

上に挙げました、私が心かげていることが、ひとつでもお役に立てば幸いです。

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です