【6月16日まで】Amazon Music Unlimitedが3か月無料

【節約】ドラム式洗濯機は壊れる前に計画的に買い替えよう。買い時は夏!

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/02/youngwoman_38.png

高かったドラム式洗濯機、壊れるまで使い続けるわ!

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/02/business_man1_1_smile.png

ドラム式洗濯機を安く買うためにはどうしたらいいの?

こんな方のために向けた記事です。

この記事のPoint

ドラム式洗濯機は新製品が出る直前が一番安くなるので買う時期を間違わない

洗濯機は1年で機能が劇的に進歩することはないので型落ちでも問題ありません

家電量販店では、壊れる前の洗濯機であればリサイクル料も無料な上に、買取もしてくれます

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

ドラム式洗濯機は高額な買い物なので、この情報を知っているかどうかで数万円の節約になりますよ!

ドラム式洗濯機を安く買う方法

ドラム式洗濯機の買い時はいつなのか?

結論からお伝えすると、夏ごろ(7月、8月、9月)です。

ドラム式洗濯機は、日立とパナソニックが二強です。

この2社がどちらも9月から10月にかけて新製品を発売するので、その直前に家電量販店などの小売店は在庫を減らそうと価格を下げます。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

新製品の発売までに旧製品を売り切ろうと頑張るみたいです。

新製品が発売した後は旧製品の在庫が少なくなっているので、それほど安くならないこともあるみたいです。

壊れてから購入すると高値で購入せざるを得なくなってしまう

洗濯機が急に壊れてしまった場合、安くなるまで待つなんてことは不可能ですよね?

ですがドラム式洗濯機の価格って同じ商品でも購入時期によって10万円以上の差があります。

価格.com(https://kakaku.com)より

しかも壊れてしまった場合、早く新しい洗濯機が欲しいので価格交渉する時間もありません。

なのでまだ使えそうでも、安く買える時期に買い替えてしまうのがおすすめです。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

使用頻度にもよりますが、5年を超えてくると故障する可能性が増えてくるみたいです。

購入する際は値下げ交渉は必須

元値が20万円以上する洗濯機ですから、数%値引きしてくれるだけでも、金額的インパクトは大きいです。

あまり価格交渉は得意ではないですが最低限この3点だけ押さえていれば大抵の場合納得した価格で購入できます。

値引き交渉のPoint

近くの競合店と相見積もりを取る

ネット通販の価格も持ち出す

最後はポイントの増量もお願いしてみる

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori.jpg
みどり

お金は大事ですが、時間も大事です。限界まで値引き交渉を行うのは費用対効果も悪いし、店員さんにとってもストレスだと思うので遠慮してしまいます。

家電量販店では、壊れる前の洗濯機であればリサイクル料も無料な上に、買取もしてくれます

洗濯機は捨てるのにリサイクル料がかかる

洗濯機は廃却するために「家電リサイクル法」で定められたリサイクル料を支払う必要があります。

大手国内メーカーのものであれば、殆どの場合2,484円かかります。

また、ドラム式洗濯機は重量が重たいので、1,000円から2,000円の運搬料などがかかることも多いです。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori-unhappy-S.jpg
みどり

リサイクルを行うために必要なコストだけど、できれば払いたくないのも本音です。

壊れる前であれば、家電量販店が買い取ってくれる

壊れる前であれば、家電量販店で新しい洗濯機を購入時に運搬手数料やリサイクル料なしで買取をしてくれます。

大手家電量販店は自社で整備してリユース品として販売したりできる、人材や販路を持っているのでこういうことができるみたいです。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori-smile.jpg
みどり

適切なメンテナンスをした上で、再販売されるので洗濯機のトータルの寿命も延びてエコかもしれません。

おわりに

この記事では

・ドラム式洗濯機は新製品の発売前が最も安い

・壊れる前に計画的に購入するのがオススメ

ということを紹介しました。

https://www.hakadorukoto.com/wp-content/uploads/2020/03/midori-smile.jpg
みどり

この記事を読んだ方の参考になれば嬉しいです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です