Kindle Unlimitedが1か月無料!

【1か月目】レアジョブビジネス英会話コース受講体験記

オンライン英会話大手レアジョブのビジネス英会話コースを受講して1か月がたちました。

毎日受講しようという意気込みで始めましたが、1か月で受講した回数は15回でした。

この記事では1か月受講した記念にレアジョブのレビューを行いたいと思います。

ワーママみど
ワーママみど

オンライン英会話は過去にDMM英会話(3か月)とビズメイツ(4か月)受講したことがありますが、3年程度のブランクがあります。

過去に受けたことがあるBizmatesやDMM英会話のレッスンとの比較も踏まえたレビューとなります。

今のところ満足している

まだ15回しか受けていませんが、今のところ満足していますので頑張って継続していきたいと思っています。

満足している理由は主に次の2点です。

1.講師の質がよい

講師側からのドタキャンがゼロ

今のところ、講師側の都合によるキャンセルがありません。

え?当たり前じゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、オンライン英会話だと時々あることだと思っています。

実際にDMM英会話を受講していた際は講師都合のキャンセルが何回か続いて、心が折れました。

ワーママみど
ワーママみど

レッスンを受ける前に、頑張って英語モードに気持ちを切り替えているのに、直前でキャンセルされるとぐったり来てしまいます。

ちなみにビズメイツの講師も殆ど講師都合のキャンセルははなかったので月1万円程度の会費を払うとこの辺は解決するのかもしれません。

ビジネス認定講師の質は全体的に高いと思う

レアジョブのビジネス英会話コースと日常英会話コースの差として最も大きいのが選べる講師の違いです。

ビジネス英会話講師の場合、TESOLという英語ネイティブではない方に英語を教えるための資格を持つビジネス認定講師を選ぶことができます。

ビジネス認定講師は全体の10%程度だそうです。

私はビジネス英会話コースを受講しているので毎回ビジネス認定講師を選んでいますが、基本的にどの講師もレベルが高いと感じています。

ワーママみど
ワーママみど

殆どの講師の方が、①文法 ②発音 ③語彙についてフィードバックをきちんとしてくれます。

例えば、冠詞(a、the)や三単現の"s"、不定詞(to 動詞)、動名詞(ing)など英会話初心者だとグダグダになりがちなところも毎回正してくれるので、段々意識して使いこなせるようになってきました。

リピートしたくない講師ももちろんいる

15人受講して今のところ1人だけですがリピートしたくない講師もいました。

ただその理由も講師の質というよりは、講師側から聞こえる雑音(犬や鶏の鳴き声)が大きかったからです。

ワーママみど
ワーママみど

講師自体は悪くなかったのですが、タダでさえリスニングが苦手なので雑音が多いのはしんどかったです。雑音がうるさいと指摘できないこちらの英会話力にも問題がありますが…

2.受講が比較的気軽

テキストが平易で予習が少なくてもOK

簡単なレベルから始めていることもありますが、テキストが平易です。

実践ビジネス英語のLevel3(ビジネス英語の一番簡単なレベル)を受講していますが、毎回の流れは下記の通りです。

テキストの構成
  1. 全体像の把握(レッスンゴールの確認)
  2. よく使うフレーズの学習
  3. 内容理解
  4. 会話形式の例文での練習
  5. 実践練習
  6. レッスンに関するディスカッション

①~④まではテキストに記載している内容を読み上げていく形なので気楽に受講できます。

⑤で①~④の内容を基に実践的な会話練習を行います。

⑥は時間が余れば、レッスンに関するディスカッションを行うという感じです。

①~④はあまり予習していなくても対応できますが、⑤~⑥は多少予習しておいた方が良いです。

Bizmatesは、一番下のレベルのテキストでも30分以上がっつり予習をしていないとなかなか対応できない課題が多く、どんどん受講が億劫になり心が折れました。

ブラウザで受講できる(Skype不要)

これはビズメイツもDMM英会話も共通のようですが、2021年現在ではSkypeなど外部ツールを使用する必要がなくなり、Webブラウザ上で受講できるようになりました。

Skypeの立ち上げは地味にめんどくさかったので、その手間がなくなったのは良い点です。

興味があればとりあえず受講をおすすめします。

1か月受講した限りだと非常に満足度が高いです。

レアジョブでは初めての方を対象に、2回の無料レッスンを提供しているので興味を持たれた方はいったん受講してみてはいかがでしょうか。

ワーママみど
ワーママみど

百聞は一見に如かずなので、自分で受講してみるのがおすすめです。