MENU

Macのonedriveで特定のフォルダ(ファイル)を同期しない方法を説明

この記事では、MacでOnedriveを利用する際、特定のフォルダ(ファイル)を同期させない方法を説明しています。

  

 

1.私が直面したOnedriveに関する悩み

私はWindows機とMacbookのどちらでもエクセルを使用したいのでOffice365を契約しています。 

Office365には、Office製品だけでなく、クラウドストレージサービスであるOnedriveの容量が1TBついてきます。

この1TBを長らく持て余していましたが、一眼レフカメラで撮った写真のバックアップ手段として活用することにしました。

その上で問題となったのが、サブ機であるMacbookへの同期の問題です。

 

メインのWindows機は、デスクトップでHDDの容量も大きいので1TB分同期しても問題ありませんが、サブ機であるMacbookは容量が256GBと大きくありません。

そのため、サブ機であるMacbookには、容量の大きい画像データを同期させたくありませんでした。

簡単な設定でこの問題を解決することができましたので紹介します。

  

2. Onedriveで任意のフォルダ(ファイル)だけを同期する手順

f:id:inobou:20181223231427p:plain

説明画像1

①デスクトップ上部のメニューバーのOnedriveアイコンをクリックします。

②その他をクリックします。

③基本設定をクリックします。

④アカウントタブを選択し、フォルダーの選択をクリックします。

f:id:inobou:20181223231631p:plain

説明画像2

⑤Onedriveのフォルダ一覧が表示されるので、同期したくないフォルダのチェックを外します。

f:id:inobou:20181223231900p:plain

説明画像3

 

私は、写真を保存している画像フォルダのチェックを外しました。

既に画像フォルダがMacbook上に同期されていたのでチェックを外すとMacbook上の画像フォルダが消去され、ゴミ箱に移動しました。

(もちろんOnedrive上では、消去されていません。)

なのでゴミ箱を空にすることで、Macbookの容量が回復しました。

 

以上、参考になれば嬉しいです。