Kindle Unlimitedが1か月無料!

【部屋が寒すぎる!】アパートでもできる防寒対策をまとめました【断熱】

住んでいるアパートで初めて迎えた冬が寒すぎて、いろいろな対策を行ってきましたのでまとめました!

効果があった防寒対策

1位.DIYで二重窓を設置した

一番効果があったのは、窓にポリカーボネート板で二重窓を作成したことです!

二重窓の効果

①窓からの冷気がシャットダウンされる

②窓が結露しなくなる

二重窓を少し開けると、ものすごい冷気を感じるので断熱効果は抜群です!

作るのは少し大変でしたが、作成してから2年間ほぼノーメンテナンスで、問題なく使用できていますので、寒さで困っている人は是非作成してみてください!

www.hakadorukoto.com

2位.分厚い床まで届くカーテンを設置した

掃き出し窓のような大きな窓は、DIYで二重窓を作るのが難しいので遮熱カーテンで断熱を図っています。

窓から入って来る冷気を遮断するのが目的なので、

カーテン選びのPoint

①遮熱カーテンがお勧め

②カーテンと床の間に隙間を作らない

こちらもカーテンを少し開けると、冷気が部屋に入り込んで来るのが実感できます!

3位.フローリングにフロアマットを敷いた

防寒対策として購入したわけではありませんが、子供が遊ぶ様にフロアマットをリビングに導入しました。

ひんやりしたフローリングと違って、フロアマットは暖かいので、裸足でも快適に過ごせるのでお勧めです。

4位.ドアの隙間を埋めた

各部屋のドアの下に隙間があることに気づき、ドアの隙間を埋める商品を取り付けました。

隙間がなくなることで部屋の気密性が高まりました。

手軽かつ値段も安いのでおすすめの防寒対策です。

あまり意味がなかった防寒対策

プチプチ君(起泡緩衝材)を窓に貼る

手軽な防寒対策として有名(?)な気がしますが、プチプチ君の貼り付け面と窓ガラスの間が結露していたので、かなり上手に貼らないと断熱効果はなさそうです。

外から見たときの見栄えも良くないのでおすすめできません。

窓のアルミサッシに断熱テープを貼る

効果はあるのかもしれませんが窓ガラスが結露するせいで、断熱テープが剥がれてきました・・・。

 まとめ:とにかく窓だけでも対策をした方が良い

もしあなたの家の窓が結露しているのであれば、残念ながら断熱が不十分といえます。

その場合、窓だけでも紹介した対策を行えば、かなりの断熱効果が実感できると思います!

ぜひ、チャレンジしてみてください!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です