MENU

ホットクックの内鍋の洗い方!一工夫で洗い物が簡単に楽になりますよ!

ホットクックって、

材料を切って、調味料と一緒に鍋にセットしてスイッチ押して完了!

はい、できあがり〜♪

という大変便利なものですが、

ホットクックを洗う作業、結構大変じゃないですか?

特に私は、ホットクックで作った料理を食べ切って満足していると、つい鍋を放置してしまい、内鍋の汚れがカピカピになって汚れを落とすのに一苦労していました。

 2.4Lサイズだと内鍋自体も大きくてシンクで洗いにくいこと、内鍋はテフロン加工等していないことが、汚れが落としにくい理由でしょうか。

 

そこで今日はホットクックの内鍋の洗い方(かつ副産物もある!)をご紹介したいと思います。

 

1.内鍋以外のパーツ

内鍋以外のパーツはすべて食洗機で洗います。

我が家のホットクックは、2.4L初代機ですが食洗機に入れても何も問題ありません

「食洗機可」と説明書にないのは、発売までに食洗機の試験が間に合わなかったためと勝間和代さんのブログで読んだことがあります。

 

2.内鍋の洗い方

そして内鍋を洗います!

ここで突然ですが、もう1度ホットクックを使用します

使用するのはこちらのメニュー。

cook-healsio.jp

そうです、汚れた鍋でゆで卵を作ります

①カピカピになった内鍋

今夜の我が家のメニューはカレーでした。

f:id:inobou:20190723060122j:plain



材料を入れる前に水を少し入れて、鍋をゆすり、落とせる汚れは落とします。

 

②ここに材料をいれます。

卵は冷蔵庫から出してすぐのものだと、ホットクックで調理中に割れてしまうことがあるので、少し常温においてからの方がいいです。

卵を入れて、水100ml注ぎます。

f:id:inobou:20190621052540j:plain

 

③完成!

スイッチを押して15分待てば完成!

15分放置している間に、食洗機に食器をセットしたり、食洗機に入りきらない食器を洗ったり、いろいろなことができます

ゆで卵は、ホットクックのアームを使用しないので、アームだけは先に洗える点も利点です。

 

④洗います。

ゆで卵に多少ついた汚れは、流水で冷やすときにささっと落とせますので大丈夫です。

ゆで卵をゆで終わった直後の内鍋はこんな感じです。

f:id:inobou:20190625054943j:plain

ゆで卵をゆでる中で、内鍋内にスチームが行き渡り、汚れを浮かせてくれます

熱々のうちに、(火傷に気をつけて)スポンジで洗います。

多少落ちにくいところはこすりますが、かなり楽になりますよ!

 

ゆで卵は、味付け卵にしたり、そのまま食べたり。

f:id:inobou:20190626053729j:plain

15分ゆでてすぐに出すと、ゆで卵の断面図はこんな感じです。

f:id:inobou:20190625060553j:plain

半熟具合がちょうどいい加減で、そのままでも十分おいしく食べられます。

カレーの匂い移りはまったく感じませんので、ご安心ください。)

もっとゆで卵を固くしたいときは、特に延長もせず、放置しておくと固くなります。

 

ぜひ一度やってみてください!

簡単に洗えるようになって、副産物でゆで卵もできる。まさに一石二鳥な洗い方です!

ホットクックでゆで卵なんて大げさだし、こんな使い方はしないなーと初めてレシピ本を見たときは思いましたが、これだといいですよね。

ホットクックは洗うのが個人的に手間だと思っていますが、洗うまでにホットクックを連続で使用するようにすると、ぐっと便利になりますよ。

(我が家では洗うまでに、ホットクックを4回連続使用することもあります。)

ぜひ一度お試しください!