MENU

離乳食モグモグ期以降のメニューに悩む方へおすすめの本【レンジ調理・冷凍ストック】

ゴックン期は基本素材をペースト状にすればよかったですが、

あれ…?モグモグ期ってどんな離乳食作ればいいの?

そんなときに購入してとても役に立った離乳食本があるので、

ぜひおすすめしたいと思います。

f:id:inobou:20181008000049p:plain

 

モグモグ期以降の情報って急減しませんか?

いよいよ離乳食スタートのゴックン期の情報って

ネットにたくさん載ってたり、

市で開催する離乳食教室があったりしますが、

モグモグ期以降の情報って急減しませんか?

 

モグモグ期に入ってから、

・ゴックン期よりももうちょっとご飯らしくした方がいいのか?

・量はどのくらいあげればいいのか?

・毎回同じような食材の組み合わせでマンネリ化

など悩むようになりました。

 

購入したのがこちらの本!

その悩みを解決するために購入したのが、こちらの本です。

フリージング離乳食 ― 1週間ラクラク (主婦の友生活シリーズ)

フリージング離乳食 ― 1週間ラクラク (主婦の友生活シリーズ)

 

・冷凍で1週間分作り置きできること

・基本レンジを使用したメニューで簡単に作れること

を魅力に感じて購入しました。

 

結論から言うと、今は使っていません。

役に立たないから使っていないわけではなく、

この本のおかげで、自分で適当にアレンジして作れるようになったので、

今は使っていない、ということです。

薄い本ながら

基本的なことを実践的に身につけさせてくれる

すごく役に立った本なのでぜひおすすめします。

 

購入前にお伝えしたいこと

強くおすすめしますが、事前に知っておきたいこの本の欠点が2点あります。

 

①メニュー1週間分

メニュー1週間分とうたっていますが、

実際は月〜金まで1日1食分のメニューのみなのでご注意ください。

ストックを多めに作って、同じメニューを何回か作れば大丈夫です。

 

②アレルギー対応

卵の黄身など初めての食材がいきなり出てくるので

事前にアレルギーではないかどうか確かめておく必要があります。

どんな食材を使用するか、

事前にチェックしておいて少しずつ試しておくのがいいと思います。

 

おすすめする理由!

先に述べた欠点に目をつぶっても、おすすめしたい理由がこちらです。

 ①献立を考える必要がない。

知り合いに離乳食本のお下がりをもらいましたが、

最初に調理方法など基本的なことが書いてあって、

あとはずら〜っとメニューが掲載されている本でした。

どのメニューを組み合わせて作るか自分で考える必要があり、

それが煩わしく感じていました。

それに対してこちらの本は、

野菜・たんぱく質・炭水化物の栄養バランス

固めのものにチャレンジする日の付け合わせは汁物、など

献立が完璧に考えられています。

献立を考えるストレスからの解放はかなりありがたいです。

 

②冷凍ストック方法がわかる。

作り置きして冷凍した食材を1週間かけて使用していくのが

この本の基本的な流れです。

この本にしたがって離乳食を進めていけば、

この食材はこう冷凍して、こう解凍・使用するのか

自然に身につきます。 

 

③レンジで作れるメニューが多い。

冷凍ストックを再調理する際もレンジ使用がメインです。

火を使わないので、安全だし、見ておく必要がないので、

すき間時間に他の家事をすることができます。

 

④ストックを作るときもレンジの使用がメイン。

1週間分作り置きする際も、レンジの使用がメインです。

レンジを使用することのメリットは③と同じです。

 

⑤メニューのバリエーションが増える。

はじめは本に忠実に離乳食を作っていましたが、

そのうち、こうしたら同じ食材でも違う味のメニューになるんだ、

など自分で適当にアレンジして、離乳食を作れるようになりました。

そのおかげで、先に述べたとおり、今ではこの本は使用していません。

・メニューがマンネリ化してきたとき、

・食材をどう冷凍ストック、アレンジするかわからないとき

たまにこの本を開いています。 

 

習うより慣れろ! 

本に従って、メニューを作って進めていくうちに、

離乳食の基本と手の抜き方

身につけることができ、

そのうち本を使わずに

自分で離乳食を作れるようになりました。

習うより慣れろタイプの本だと思います。

気負わず手を抜きつつ、

でもちゃんとした離乳食に取り組みたい方、

ぜひおすすめです。

 

レンジで放置、かなり楽ですよね。

我が家ではさらにホットクックを使用して、

放置しながら離乳食ストックを作っています。

www.hakadorukoto.com