MENU

離れて暮らす両親のスマホを安くしながら効率的に管理する方法

 帰省した際に、両親にスマホの機種変更と料金プランの相談をされを依頼され、契約プランやオプションなどを見ると不要なものがてんこ盛りになっていました。

 両親の懐事情は将来、介護が必要になった際自分に降りかかってくる問題でもありますので、できる限り節約しなければならないと考え、スマホの料金体系に詳しい私が全てを管理することにしました。 

 我が家は、下記の記事の通り家族5人でドコモのシェアパックを組んでいます。

(下記の記事では、ドコモがイメージよりも安いよと言うことを説明していますので是非ご一読ください。)

inobou.hatenablog.com

 

 今回はなぜ1.なぜドコモが良いのか2.如何にして管理の手間を減らしているのかについて紹介させて頂きたいと思います。

 

 

1.そもそもなぜドコモ?

(1)いざという時に実店舗があるので、丸投げできる

 そもそも何故格安SIMMVNO)ではなく、大手キャリアであるドコモを選び続けるのかと言うと、近くに住んでいない限りいざという時に対応を丸投げできる実店舗(ドコモショップ)が魅力的だからと言うのが大きいです。

 

(2)家族全員iPhoneにすることで教育コストを減らす

 我が家では、高いとわかっていながらも家族全員iPhoneにしています。何故かと言うと私自身もiPhoneを使っているので、両親から質問されても大抵のことは新たに調べる必要なく教える事ができるからです。

 もし両親のみAndroidを使っていた場合、端末によって微妙に仕様が違ったりするので、両親に教えるために私もその端末の使い方を調べる必要があり大変です

 また端末のバックアップも簡単なので機種変更時も楽なのも良いです。

 

(3)ドコモオンラインショップが便利かつお

 ドコモには機種変更ができるオンラインショップがあり、これが非常に便利です。

ドコモオンラインショップ ホーム | NTTドコモ

 

①無駄な頭金と機種変更手数料がかからない

 ドコモショップで機種変更を行うと、頭金という名目で10,000円弱の手数料をとられる事があります。

(頭金という名前にしているが本体代に上乗せしているだけです。ドコモショップの運営は基本的にドコモ本体ではなく代理店が行なっているのでこうした手数料を取りたがる気持ちは分からなくもないです。)

 オンラインショップはドコモ本体が運営しているのでこうした頭金は取られません。

また、店頭で機種変更を行うと税込3,240円の機種変更手数料がかかりますが、オンラインショップではこの手数料が無料です。

 

②オンラインショップで注文してドコモ店舗で受け取りができる。

  オンラインショップでの注文は自宅への配送と、最寄りのドコモショップへの配送のどちらかを選ぶ事ができます。

 我が家の場合はオンラインで私が注文手続きを行い、両親にドコモショップで受け取りをしてもらっています。ドコモショップでは、簡単な初期設定を行ってもらえるのでわざわざ設定を行うために帰省する必要がなく助かります。

 

③ポイントサイトを経由することで、小遣いが稼げる。

 手間暇をかけて面倒を見ているので何かご褒美があっても良いですよね。とはいえ両親に手数料を請求するのもおかしな話なので、 私の場合は下記のポイントサイト(Hapitas)経由でドコモオンラインショップを利用する事で、お小遣いを得ています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 1台の機種変更につき1,200pt貰えるます。私は自分の分も含め5台機種変更すると6,000ptもらっています。

(1pt=1円)

貯まったポイントはAmazonギフト券に交換して日用品を購入するのに使っています! 

 

2.効率的な管理方法

 次に手間のかからない管理方法について紹介します。

①Moneyforwardを活用し毎月の携帯料金を可視化

私はオンライン家計簿のMoneyforwardの有料会員として2年半ほど利用していますが、今回ご紹介するのは無料会員でも使える機能になります。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

Moneyforwardには携帯料金分析という機能がありまして、下図の用に複数の回線の携帯料金を一括して確認する事ができます。

 

↓グラフで総額が確認できます。

f:id:inobou:20180108121722p:plain

上記グラフに対応する明細が確認できます。

f:id:inobou:20180108121727p:plain

 

 月に一回Moneyforwardを眺めれば、おかしなオプションに加入していないか確認する事ができます。

 我が家ではAppleMusicのファミリープランに加入しているのに、父がなぜかGoogle Play Musicに加入していたことにすぐに気が付くことができ解約させる事ができました。

 

尚、現在のところ大手3キャリアと主要なMVNOは対応しているようです。

f:id:inobou:20180108121729p:plain

 

②料金プランの変更は全てwebで行うことができる

 料金プランの変更は全てWeb(My docomo)から行っています。

そのためには、両親のdアカウントとパスワードを把握しておく必要があります。

この辺は後から揉めないよう家庭内で話し合う必要があると思いますが、我が家の場合は両親の方からお願いして来たので問題ありませんでした。

 

以上、我が家の事例をまとめてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。